【離婚】乙武洋匡と家族(嫁・子供)の現在がやばい・・

不倫報道によって、参院選不出馬となった乙武洋匡さん(40才)が、離婚に向けた話し合いを始めているとの情報が入った──。世間を大きく騒がせ、夫婦が揃って謝罪した不倫騒動から3か月。再出発したはずの夫婦の絆が、切れた。

「6月上旬のことです。乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。“疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”──乙武さんはショックを受けて、別居はしたくないと伝えましたが、彼女の意志は固かった。“彼女のためにも、もうそれしかないのか…”と、家を出たんです」(乙武夫妻の知人)

以来、夫は自宅マンションに帰っていない。トイレや寝室を備えた事務所に寝泊まりしている。妻は3人の子供とともに、夫のいない部屋で静かな暮らしをスタートさせていた──。

結婚15年目を迎えた乙武洋匡・仁美(37才)夫妻が危機を迎えている。早稲田大学政治経済学部に在学中の1998年に出版した『五体不満足』(講談社)が累計500万部を超す大ベストセラーになった乙武さんは、大学の1年後輩だった仁美さんと4年間の交際を経て、2001年3月25日、仁美さんの早大卒業の日に結婚。8才の長男、5才の次男、1才の長女と3人の子宝に恵まれた。

そんな乙武夫婦に大きな転機が訪れたのは、15回目となる結婚記念日の前日だった。今年3月24日、『週刊新潮』が乙武さんと20代後半女性との不倫海外旅行を報じた。乙武さんと女性は昨年のクリスマスから今年の正月にかけて、8日間にわたってチュニジアやパリなどを旅行。乙武さんは不倫の事実を認めた。
重度の障害を抱えながら、明るく爽やかなキャラクターで人気を博した乙武さんの不倫スキャンダルが大々的に報じられると、世間は蜂の巣をつついたような騒ぎになった

1

「先天性四肢切断」という重度の障害を抱えている乙武さんの私生活が苦労の連続であることは説明するまでもない。そして、乙武さんの生活全般の介助を担ってきたのが仁美さんだ。しかも、そこに子供たちの世話も加わることになる。

夫婦を知る関係者が言う。

「乙武さんは夜10時を過ぎたら家に帰らず、住み込みのボランティアスタッフが世話をする事務所などに泊まるようになりました。忙しい子育てを終え、3人の子供を寝かせつけた仁美さんがゆっくりと時間を過ごせるための配慮でした」

週末に自宅に帰るが、平日は事務所に寝泊まりすることが増えていった。前出の関係者が語る。

「仁美さんは乙武さんに見え隠れする女性の存在に、気づかないふりを続けていたはずです。乙武さんが家に帰らず、外にいる誰かに世話をされていることで、むしろ夫婦関係のバランスが保たれていたことは否定できません」

3月末に不倫が報じられて以降、仕事を抑えてきた乙武さんは外出を極力控え、一日中自宅で過ごすようになった。

「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に“謹慎”するようになり、仁美さんにかかる負担が目に見えて重くなったんです。3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間がまったくない状況でした。彼女は最初のほうこそ気丈に頑張っていましたが、みるみるうちに疲労がたまり、表情が暗くなって塞ぎがちになりました。夫婦間もギスギスし始めて、会話が少なくなりました」(前出・知人)

夫と常に一緒に過ごすことで、精神的なストレスも増していった。健常者でも、それまで仕事をしていた夫が定年後、ずっと自宅にいるようになったり、単身赴任だった夫が家族と同居するようになったことで、それまで良好だった夫婦の関係が目に見えて悪化することがよくある。ましてや乙武家の場合、夫の介助という物理的な負担も加わり、仁美さんの受けるストレスは極限に達した。

「不倫騒動後に公の場でした“再出発宣言”は相当な覚悟をもって口にしたものでした。しかし、その彼女でも夫が常に家にいることが相当大変だったのでしょう。この夫婦はもう長男が生まれてからですから8年もの間、“半別居”生活でバランスをとっていたんです。そこへ急に夫が毎日いる生活になった。

頭で理解していても体力的にも精神的にももう無理だった。ピンと張り詰めていた緊張の糸がある時、限界に達してぷつりと切れてしまった。そして“離婚”という2文字が頭に浮かんだようです。乙武さんの不倫に薄々は気づきながらも、その状況に助けられてきたと感じていた部分もあったでしょう。彼女には、どんなに頑張っても、別居という選択肢しか残っていなかったんでしょうね」(前出・知人)

そして冒頭のように6月上旬、仁美さんが夫に最後通牒を突きつけたのだった。もちろん、乙武さんは抵抗した。しかし、仁美さんの頑なな態度に乙武さんも覚悟を決めるしかなかった。

乙武さんに話を聞くと「ノーコメント」と回答し、仁美さんは自宅のインターフォンに応じず、〆切までにコメントを得られなかった。現在、ふたりは離婚を視野に入れた話し合いを続けているという。

■週刊文春 4月7日号
乙武妻(仁美さん)独占告白
「主人の世話から解放される時間が欲しいと・・・」【仁美さんメール部分抜粋版】「この度は私ども夫婦のことで世間をお騒がせして申し訳ございません。何度もご丁寧なお手紙を頂き、ありがとうございました。私たちの問題は、昨年から長い時間をかけて話し合いをしてきて、夫婦で乗り越えようと決めた矢先の報道でした。言いたいことはあるのですが、私がご取材を受けることは出来ません。申し訳ございません。ただ、先日の新潮社の報道を受けて、私が出した謝罪コメントに関しまして、言葉足らずだった為に、誤解されてしまった方もいるようですので、そこだけは説明させてください」

「多くの方は、乙武は自分ひとりで何でも出来ると思っているようですが、彼は一種一級障がい者です。二十二歳で結婚した時、彼と暮らすことの難しさを理解していたつもりではいましたが、実際、自宅のドアも開けることの出来ない彼との生活は、決して楽なものではありませんでした」

「子どもが生まれてからは、私自身が子育てに精一杯で、心身ともに疲れきっており、
主人の世話から少しでも解放される時間が欲しいと思ったのは事実でした」
「子どもは朝が早いので、午後十時を過ぎたら、スタッフのいる事務所に泊まって欲しいとお願いしていたのは私の方です」
「とは言え、乙武がとった行動は、社会的に許されるべきものではありません。もちろん私にとっても許しがたいものです。しかし、そうさせてしまった原因の一端は私にもあるとそこは反省しています。とにかく夫婦で話し合い、反省すべきは反省して、もう一度やり直そうと決めました」
「これからの事は、私にはまだ何も分かりません。でも、主人がどんな選択をしたとしても、子どもたちの為にも、もう一度主人と向き合って生きていくつもりです。世間が叩く以上に、すでに私が主人を叩けるだけ叩いておりますので、どうか許してやってください。子どもたちはまだ小さいですし、これ以上はご容赦ください。心からお願いします。本当に申し訳ございません」

乙武洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 – )は、日本の文筆家、タレント、元NPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライター。東京都出身。
1
738: 2016/06/23(木) 05:59:38.48 ID:4a32ZoD60
>>1
>乙武さんはショックを受けて、なんでショックを受けるんだろう?
今まで散々好き勝手やってきて、それが全て許されているとでも思ってたのか?
奥さんは我慢してただけなのに。
12: 2016/06/23(木) 00:38:49.71 ID:KeVUT8FZ0
乙武の実態を知って、嫁の両親とかが割ってはいってきたのかな。
「あんな屑に尽くす必要はない!」みたいな。
834: 2016/06/23(木) 07:11:34.36 ID:v2ESeJ+h0
>>12
そうだろうね
今なら財産分与も余裕、残りの人生を介護に苦しむこともない
25: 2016/06/23(木) 00:44:30.70 ID:nDzagCMx0
乙武が不倫してなかったら
愛する夫のために介助できるだろうけど夫があんだけ女遊びしてたと分かったら
奥さんも介助するのアホらしくなるよなー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする