前田けゑ、名古屋自宅の養母の総資産15億円の遺産相続でトラブル…カスタネット芸人が衝撃告白

養母から資産15億円を相続したことで話題のカスタネット芸人・前田けゑ(33)が10日、都内で行われた映画「パリ3区の遺産相続人」(11月14日、Bunkamuraル・シネマほかで全国順次公開、配給・熱帯美術館)試写会に出席した。

自身よりも前に15億円の資産を相続する候補者がいたことを公表。実際には前田が相続したことから、その人物から脅迫まがいの「攻撃」を受けていたことを明かした。
1

前田は約10年前に祖母の友人で身寄りのない名古屋市在住の女性と知り合い、請われて養子になった。女性は資産家でドライブの運転手をしたり、ヘルパーの管理をしたりするために定期的に東京から名古屋に通っていたというが、12年に女性が他界。マンション2棟、駐車場2カ所などの不動産など総資産15億円を相続したことをすでに公表している。ちなみに実の母親には言わずに養子に入った。

映画にぴったりな身の上の前田は、「相続人が何人もいたらもめるらしい」と遺産相続の実情を切り出した。「僕の前に、養子入りしようとしていた人がいたらしいんです。おばあちゃんの親族のような人が(家に)入っていた」と告白。「お金を使い込んでいて追い出されたらしい。2億円ぐらい。その後に僕が(養子に)入ったから、その人からの攻撃とかすごくありました。車のミラーは大体、折れていました」と、無言の“脅迫”を受けていたことなど、ドロドロとした実情を明かした。

最近、「お金を貸してくれ」と言ってくる人も増え、分厚いファンレターの最後に「500万円貸してくれ」と書いてあることもあったという。

相続トラブルを回避するために、「(相続)される方はする方に生前に伝えておいていただきたい。遺言という手もありますが、もめるんですよ。みんなもらう権利があって裁判になるので、(遺産が)ある分はちゃんと伝えておくのがよいのかなと」と呼びかけた。

1
前田けゑ(まえだ けえ、1982年3月4日 – )はタレント、司会者、実業家、カスタネットパフォーマーである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする