押尾学の現在!薬使用の証拠写真をTwitterにアップwww

LIVのユニット名で1月に音楽活動を再開したばかりの押尾学(37)が高熱でダウンしていることを13日、自身のツイッターなどで明かした。

12日には、大量に処方された鎮痛剤や抗生剤とともに、クスリの効能が書き込まれた用紙の写真をアップし、体調不良を明かしていたが、

1

翌13日になっても、改善されず、再び病院へと向かい、二の腕にはタトゥーが見える左腕に、点滴を打っているショットも掲載している。

1

12日の写真には、「一昨日から調子悪い…今日病院行ってきたーー」、同様に13日には「全然熱が下がらないから病院来た…」とコメントを添えている。

押尾は2009年の薬物事件で実刑判決を受け、14年12月に仮釈放後は芸能界を離れていたが、今年1月23日、ボーカルを担当するLIVとして、東京・渋谷のライブハウスのステージで音楽活動を再開した。

ライブでは、押尾はステージに短髪を金色に染め、黒いTシャツ姿で登場。左腕には大きなタトゥーが入っていたという。

押尾学(おしお まなぶ、1978年〈昭和53年〉5月6日 – )は、日本の元俳優、元歌手。研音、フリーランスを経て、後述の押尾学事件の発覚直前までエイベックス・マネジメントに所属していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする