竹田圭吾、がんの病気でまた痩せた!?現在の激やせ画像に心配の声…病名は骨肉腫…

「ニューズウィーク日本版」の元編集長で、ジャーナリストの竹田圭吾さん(50)が、がんをカミングアウトしてからおよそ3か月。体調はそれほど思わしくない様子ながらも、テレビ出演を続ける姿勢に「敬服に値する」「強い意志があるのだろう」と応援の声がたくさん寄せられている。

「激やせ」ぶりが話題となった竹田さんだが、一方で「ニュースについて言いたいこともまだまだある」とツイートするなど、並々ならぬ仕事への情熱を見せている。

■「ニュースについて言いたいことまだまだある」
竹田さんは2015年9月27日放送の情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で自身のガンを告白し、治療の副作用で頭髪が抜け落ちていることも明かした。13年11月に病気療養を理由に出演番組を全降板。14年2月に各番組へ復帰した際は、その「激やせ」ぶりが視聴者を驚かせた。そんな中での突然の告白に驚き、心配、応援、様々な声がネットで相次いだ。

それから3か月。「激やせ」の状態は今も変わらず、以前に比べて一層痩せたようにも見えるが、今も精力的に仕事をこなす。Mr.サンデーだけでなく、「とくダネ!」(フジテレビ系)や関西ローカルの「ten」(読売テレビ系)、時事解説メインのラジオ番組「Jam the WORLD」(J-WE)にもコメンテーターとして出演を続ける。

病状を案じるネットユーザーの一部から「治療に専念すべき」との声も上がっているが、なぜ仕事を続けるのか。15年11月2日のツイートで、その理由を、「各番組・出版社等の関係者の支えと理解があって(仕事を)こなせているし、ニュースについて言いたいこともまだまだある」と明かしている。

この日のツイートでは、「激やせ」状態についても触れ、「激やせしてる=病状が進行」とは限らない、と指摘。がん自体は改善していても急速に痩せたり体調が悪化したりする場合もあると述べた上で、「激やせでもガンバっていくつもりです」と意気込んだ。確かに「ニュースについて言いたいこともまだまだある」のは間違いないらしく、以前と変わらずツイッターで日々のニュースに鋭い意見を投げかけている。

こうした姿勢に、「闘病しながらも仕事を続けるという強い意志があるのだろう」「敬服に値する」「生きざまを勉強したい」と応援の声が絶えず寄せられている。

そもそも、竹田さんは自身の病状をまったく悲観していない。がんを告白した直後も、「仮に検診で見つかるのが遅かったり、病状が進んだりしても、それで人生終わりというわけではない」「がんになってよかったと感じることもいくつかある」とツイートし、元気な様子を見せていた。

1

病名は骨肉腫とのこと。
骨肉腫(こつにくしゅ、osteosarcoma)とは肉腫の組織型の1つで、悪性の間葉性腫瘍のうち造骨細胞への分化ポテンシャルをわずかでも有し、腫瘍骨を形成する能力を持つものである。別名は悪性骨形成性腫瘍(あくせいこつけいせいせいしゅよう)。ほとんどが骨に生じるが、稀に骨とは離れた軟部組織からも生じることがあり、これは骨外性骨肉腫 と呼ばれる。

1

竹田 圭吾(たけだ けいご、1964年12月30日 – )は、日本のジャーナリスト。『ニューズウィーク日本版』元編集長。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする