【結婚】窪塚洋介の彼女・PINKYこと菅原優香がヤバいww元嫁のんちゃんと子供もうけるも離婚・転落事故で死亡寸前だった俳優が再婚へ!

12月16日、俳優の窪塚洋介(36)が自身のTwitterを更新し、「さらなる高みを目指すために、ここ数年”伴侶”として寄り添ってくれている、PINKYこと菅原優香と、そろそろ結婚しますです。ご報告デス」と、結婚することを明らかにした。

1

窪塚は近年、「卍 LINE」名義でレゲミュージシャンとしても精力的に活動。

お相手の「PINKYこと菅原優香」はレゲエダンサーだという。元妻とは2012年に離婚し、PINKYと交際中であったことは、ファンの間ではすでに周知の事実。

新しい伴侶のPINKYは自身のインスタグラムで、ダイナマイトボディやコスプレ姿を惜しげも無く披露している。

1

窪塚洋介(くぼづか ようすけ、1979年5月7日 – )は、日本の俳優、歌手。神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校卒業。所属事務所はモノポライズ。
卍LINEという名義でレゲエDJとしても活動しているほか、空水名義ではミュージック・ビデオの監督も務めている。身長177cm。O型。

三人兄弟の長男であり、二男の窪塚俊介も俳優。三男はRUEEDという名義でレゲエDJとして活躍している。映画で主演した『凶気の桜』は右翼に傾倒した少年の挫折の物語となっており、この頃より本人も思想系の書物・漫画を読むようになった。

ブログでは時折、陰謀論に関する発言を行っており、『地球維新』なる集まりでは第一回ゲストとしてベンジャミン・フルフォードを招いて講演させている。喫煙者である。過去には過激な言動が話題になることも多かった。

転落事故
一時休業中の、2004年6月6日の昼12時10分ごろ、神奈川県横須賀市の約26mの高さにある自宅マンションの9階から転落した。建物から約9mも離れたフェンスに衝突したが、芝生に落下した為、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な傷はあったものの、命に別状なく済む。この件について諸説あったが、本人はその時の記憶が全くないと話している。自殺説については、「これまで生きてきた中で、自分は死にたいと思ったことはない」と否定している。
結婚・離婚歴
窪塚は2003年5月に2歳下のダンサーのんちゃんこと徳子さんと結婚。同年に長男の愛流(あいる)が誕生したが、自身のホームページで2012年6月12日に離婚したことを報告した。離婚原因は子育ての考え方の違い。親権は窪塚の方に移り、現在窪塚さんは子供と一緒に神奈川に住んでいて、のんちゃんは実家である大阪の方に帰って生活している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする