松来未祐さんの死因&病名「慢性活動性EBウイルス感染症」と判明…難病未指定の病気で原因・症状・感染経路が壮絶と話題…

昨日12月14日、松来未祐の四十九日が無事に終わりましたことを、ご報告させていただきます。 

1
ご遺族の「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しいので、病名を公表したい」とのご意向により、この度病名を公表することといたしました。

7月14日の投稿にあるように、体調不良が続き検査を重ねていましたが、原因がわからないまま、6月30日に急性肺炎で緊急入院をすることとなりました。

精密検査の結果、「慢性活動性EBウイルス感染症」という非常に症例が少なく、難病指定もされていない難しい病気であることが判明し、そこから松来未祐の闘病生活が始まりました。

9月4日には奇跡的に一時退院が認められましたが、9月18日再入院。10月27日午後10時18分永眠いたしました。最終的な死因は「悪性リンパ腫」でした。

1

松来未祐(まつき みゆ、1977年9月14日 – 2015年10月27日)は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティー。本名・旧芸名、松木 美愛子(まつき みえこ)。広島県呉市出身。最後は81プロデュースに所属していた。

広島女学院中学校・高等学校、慶應義塾大学環境情報学部卒業。

2015年7月14日、「今年に入って熱が下がらず、病院で検査を繰り返していたのですが、急性の肺炎で検査を重ねたところで、少しでも早く治療に取り組まないといけない病気であることが分かりました」と語り、病気治療のために活動を休止することを発表した。なお、活動休止の発表時点で放送されていたテレビアニメの役については、休養前にすべての収録を済ませていたため、そのまま放送されている。

その後、本格的な療養生活に入ったが治療の甲斐なく2015年10月27日午後10時18分、入院先の東京都内の病院で死去。38歳没。葬儀や告別式は、遺族の要望により家族と親族のみで執り行われた。その後、四十九日が経過した同年12月15日に遺族から病名公表の要望があったことから、難病に近い非常に希少な病気である慢性活動性EBウイルス感染症に感染していたこと、9月4日に一旦退院したものの病状の悪化で9月18日に再入院していたこと、最終的な死因は悪性リンパ腫であったことが81プロデュースによって公表された。亡くなる直前まで意識があり、問いかけに応じて頷いていたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする