『M-1グランプリ2015』審査員発表も2chで批判殺到www

5年ぶりに復活する漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2015』の審査員を、 今も現役漫才師として舞台に立つM-1歴代王者たちが務めることが3日、わかった。 

1

『M-1』で勝つことの厳しさを知り尽くした歴代王者9人が選ぶ、第11代王者は誰か。決勝は、6日午後6時30分より、今田耕司、上戸彩の司会でABC・テレビ朝日系で生放送される。

審査員を務めるのは、下記の9人。

中川家・礼二 (M-1グランプリ2001王者)
ますだおかだ・増田英彦 (M-1グランプリ2002王者)
フットボールアワー・岩尾望 (M-1グランプリ2003王者)
ブラックマヨネーズ・吉田敬 (M-1グランプリ2005王者)
チュートリアル・徳井義実 (M-1グランプリ2006王者)
サンドウィッチマン・富澤たけし (M-1グランプリ2007王者)
NON STYLE・石田明 (M-1グランプリ2008王者)
パンクブーブー・佐藤哲夫 (M-1グランプリ2009王者)
笑い飯・哲夫 (M-1グランプリ2010王者)

出場者:メイプル超合金、馬鹿よ貴方は、スーパーマラドーナ、和牛、ジャルジャル、銀シャリ、ハライチ、タイムマシーン3号、敗者復活1組(以上ネタ順)

・優勝賞金1000万円。漫才頂上決戦復活!『M-1グランプリ2015』審査員決定。12月6日、ABC・テレビ朝日系で放送

『M-1グランプリ』(エムワングランプリ)は、島田紳助が企画し、吉本興業が主催する漫才のコンテストである。通称「M-1」。2001年から2010年まで毎年12月に開催されており、2015年12月に復活する。朝日放送 (ABC) が制作し、テレビ朝日系列が放送している。第10回までは、オートバックスセブンが特別協賛(冠スポンサー)となっていた。
第10回までは、特別協賛会社の名をとり、正式名称は「オートバックス ~M-1グランプリ~」であった。決勝戦開催日がクリスマスに重なった2001年の第1回大会と2005年の第5回大会の2度の正式名称は「オートバックス・クリスマス・M-1グランプリ」であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする